JDDW2022 (Japan Digestive Disease Week 2022) FUKUOKA

JDDW2022 FUKUOKA

発表形式について
(ポスター発表の皆様へ)

1. 口演時間と討論

JDDW 2022では、一般演題はデジタルポスターを導入いたします。
口演時間と討論時間は下記の通りです。

消化器病 優秀
演題
(口演〇分、討論〇分/計〇分)
一般
演題
(口演〇分、討論〇分/計〇分)
消化器内視鏡 優秀
演題
(口演〇分、討論〇分/計〇分)
一般
演題
(口演〇分、討論〇分/計〇分)
肝臓 優秀
演題
(口演〇分、討論〇分/計〇分)
一般
演題
(口演〇分、討論〇分/計〇分)
消化器外科 優秀
演題
(口演〇分、討論〇分/計〇分)
一般
演題
(口演〇分、討論〇分/計〇分)
消化器がん検診 優秀
演題
(口演〇分、討論〇分/計〇分)
一般
演題
(口演〇分、討論〇分/計〇分)
International Poster 優秀
演題
(口演〇分、討論〇分/計〇分)
一般
演題
(口演〇分、討論〇分/計〇分)

※発表データは事前登録制になりますので、当日にオペレーションセンターにお越し いただく必要はありません。

※発表時間以外は、ポスター会場内の各ブースで発表の練習が行えます。

2. 発表について

※主題セッションの発表スライドは原則英語表記ですが、デジタルポスターセッションの発表スライドは、日本語、英語どちらでも可能です。
なお、International Poster Sessionは発表、スライドともに英語となります。

※動画を使用した発表ができます。

※従来のポスターを擬した、スライドの一覧表示(ポスターモード)により視認性を保持しつつ、個別のスライド(スライドモード)では、フルハイビジョンモニタを使用することにより、クオリティを維持します。

ポスターモード

タイトルスライドを除いて15枚分(縦3×横5)のスライドを表示できます。
スライドの図

スライドモード

1枚ずつスライドを表示して発表できます。
スライドの図

画面イメージ(質疑応答時)

質疑応答時は、発表スライドの中から任意のスライドを2枚選択し、左右に並べて表示できる機能があります。
スライドの図

※画面左下に残り時間が表示されますので、時間厳守での発表をお願いいたします。

3. 登録について

※発表データは事前にご登録いただきます。2022年9月21日(水)正午から10月6日(木)正午の間、JDDW 2022 ホームページ上に、登録画面へのリンクボタンを開設しますので、ご登録をお願いいたします。

※期間内でのご登録をお願いいたします。登録期間中であれば、何度でも修正登録が可能です。
10月7日(金)からは、画面を閉鎖いたしますので、データの差し替えや修正はできません。なお、期間内に登録をされなかった場合は、自動的に演題取り消しとなり、ペナルティとなる可能性がありますのでご了承ください。

※学会当日にオペレーションセンターにデータをお持ち込みいただいても、差し替えはできませんのでご了承ください。

※発表当日は、発表の30分前までにご自身の発表ブースにお越しください。

デジタルポスターに関するお問い合せは、ポスター発表データ事前登録サポートデスク(2022年9月開設予定)までご連絡ください。

4. データ作成について

発表データは、PowerPointで作成してください。対応するバージョンは2013・2016・2019・Office 365です。
従来のポスター発表のように大判サイズで作成せず、スライド毎に作成してください。
画面比率は4:3になるようにページ設定をしてください。

※講演類、主題演題、スポンサードイベントは16:9ですが、デジタルポスターは4:3となりますのでご注意ください。

フォントは、下記に限定させていただきます。
日本語:MSゴシック、MS Pゴシック、MS 明朝、MS P明朝、メイリオ
英 語:Century、Century Gothic
PowerPointファイルは、登録する際にレイアウト崩れ防止のために画像化されます。
そのため、画面切り替えアニメーションとページ内アニメーションは使用できません。
動画はPowerPoint内で使用することができます。登録できる容量は、200MB以内です(PowerPointファイルと動画の合計)。動画は、使用されているページを表示すると自動的に再生されますが、事前に動作確認をお願いいたします。
登録できるスライド枚数は15枚です。1枚目~14枚目を発表用に、15枚目を利益相反の開示情報用にしてください。タイトルスライド(演題名や演者名)は別の場所に表示されるので、発表スライドには含めないでください。

スライドの図

発表時における応募時からの内容変更について

演題発表は応募時の抄録内容に基づいて行ってください。

※応募時から追加・修正した内容を発表しないようお願いいたします。

発表時における利益相反の開示について

演題口演発表時には、利益相反状態の開示が必要になります。
ご自身の「発表実績となる学会」の開示基準・規定の書式に従って利益相反の有無を、講演・ 主題演題およびスポンサードイベントはスクリーン掲示、一般演題はデジタルポスター掲示にて開示してください(なお、日本消化器病学会・日本消化器内視鏡学会・日本消化器がん検診学会のスポンサードイベントは司会も開示の対象となります)。申告対象は、個人のすべての利益相反状態ではなく、「ご発表演題 に関する利益相反状態」に限定されます。

※演題発表時に開示する利益相反のスライドを無断で撮影される等の事象があるため、発表演題の内容に沿った正しい情報を開示ください。

各学会の開示基準および規定書式は、下記URLにてご確認のうえ、ご準備ください。
発表時における各学会の利益相反開示書式
https://www.jddw.jp/meeting/coi.html#coipsn

演題取り消しおよび、当日無断欠席に対するペナルティについて

採否通知後の演題取り消しおよび、発表当日に無断欠席される場合は、各学会でペナルティの対象となる可能性があります。ご注意ください。

Back to top