Japan Digestive Disease Week 2020 [JDDW 2020 KOBE]|第28回 日本消化器関連学会週間

2020年11月5日(木)~8日(日) / 神戸コンベンションセンター

ENGLISH

理事長挨拶

一般社団法人 日本消化器関連学会機構
理事長 下瀬川 徹

下瀬川 徹

動画再生

皆さん、こんにちは。日本消化器関連学会機構JDDW理事長の下瀬川です。JDDW2020開催のご挨拶を申し上げます。JDDW2020は、2020年11月5日(木)から8日(日)までの4日間、神戸コンベンションセンターで開催されます。例年どおり、一般プログラムは3日間で、4日目は教育講演のみの開催となります。JDDW2020では、第62回日本消化器病学会大会長を獨協医科大学第2外科の窪田敬一教授、第100回日本消化器内視鏡学会総会会長を東京医科大学消化器内視鏡学の河合隆教授、第24回日本肝臓学会大会長を三重大学消化器内科の竹井謙之教授、第18回日本消化器外科学会大会長は東海大学消化器外科の小澤壮治教授が務めます。また、第58回日本消化器がん検診学会大会長は東京都がん検診センターの入口陽介先生が担当します。現在、窪田敬一運営委員長を中心として、各学会大会長が協力して順調に開催準備を進めています。

今回のJDDWの目玉の一つに、Strategic International Sessionがあります。これは、JDDWの国際化の一環として、新たに構成4学会が消化器病学における国際戦略を考慮した討論の場を設けるものです。各学会が独自に企画し、特に欧米との研究展開を視野において最新の研究テーマについて意見交換が行われます。もう一つの目玉は、新たな企画として、学会期間中デイリーニュースを発行することにしました。当日の注目すべきプログラム、前日のプログラムで特に重要と思われる情報を新聞形式でお伝えするものです。JDDWが主導し、アカデミックな視点で公平で適切な記事を編集します。

JDDW2020では、各学会が最新かつ医療現場が求めるトピックスについて討論できるよう主題セッションを企画します。一般演題は例年通りデジタルポスターセッションで行います。国際セッションには、アジア各国からも講演者を招き、消化器病の課題や解決法について議論します。学会初日には、JDDWは2回目の担当となります、第4回JDDW- KDDW-TDDW合同セッションを開催します。また、JDDW特有の企画として、統合プログラム、医療セミナー、メディカルスタッフプログラム、女性医師・研究者プログラムなど、豊富で魅力的な内容を用意し、様々な領域の聴衆に満足いただけるよう準備を進めます。

JDDW2020では、40歳未満の若手を対象とする若手奨励賞、ポスター優秀演題賞、ポスター優秀演題賞の中から各学会が特に優秀な演題に与える会長賞、International Sessionで優秀な発表に与えられるThe Best Presenter Award、海外の若手医師の優秀演題に与えるTravel Award Program、海外の演題応募者で特に旅費支援を希望される方に与えるTravel Grantなど様々な賞や助成を用意しており、皆様の学会参加を支援させていただきます。

神戸での開催は連続3度目になりますが、秋の神戸で新たな魅力を感じていただけいるよう努力致します。多数の皆様の参加をお待ちしております。

Copyright © JDDW 2020. All Rights Reserved.